メヘンディの滲みについて

2016/03/10 14:30
写真 2 (5)1
¥4200

段々と暖かい日も増えて

「汗」が気になる季節になってまいりました・・・!

メヘンディを描いたあとは、乾かして保護用のテープを貼ってお帰り頂いているのですが

暑い日など、汗を大量にかいてしまったりすると保護テープの下でヘナがよれて滲んでしまったりします。

「なるべく汗をかかないように」とお伝えはしているのですが、
どうにも発汗は生理現象ですし、体質もありますし、
ご自分では気づかないうちに意外な量の汗をかいている場合もあります。

当サロンでも、施術部位によって、
粘着力は弱いけど通気性の良いテープと、
ある程度密封性があり粘着力の強いテープ(乾燥しやすい時期や肌にはこちらの方が有効)
を使い分けてはいるのですが、

お客様の体質やお帰り頂いた後の保存状況などこちらで予測できない部分もあり
どうしてもメヘンディが「滲んでしまう」こともあります。

施術後にもお伝えはしているのですが、メヘンディを描かれたあとは、
できるだけ涼しい場所で、あまり過度に動き回らずに過ごしていただくことをお勧め致します。

**実は、このお客様も、施術後にメヘンディが「滲んでしまった」旨をご報告いただいたのですが、
それにもめげずにその後、今度はヌードメヘンディのご予約をいただきました!
ありがたい。。。そして今からとても楽しみなのです。


 Home